2018年08月16日

後立山連峰 唐松~五竜~鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳

お盆は後立山連峰の縦走でした。
天気に悩む日々となりました!

五竜~キレット小屋の核心部は何とか
雨に打たれず無事終了。
キレット小屋から鹿島槍ヶ岳を下り始めた頃からゴロゴロと⚡雷が!
追いつかれる前に冷池山荘へ。

まだ正午前でしたが、爺ヶ岳を越えて
種池小屋まで行くには危険。
ここに宿泊として早々に寛ぎモード。

ヤマケイ、ピークス、アルプス総図で今後の予定がまた決まっていく危険な時間?!

翌日は天候も回復、爺ヶ岳~柏原新道にて下山しました。
爺ヶ岳ではブロッケン現象も綺麗に見れて皆さん大満足となりました!

皆さん、お疲れ様でした。
  • 20180816224341752.jpg
  • 20180816224346932.jpg
  • 20180816224350572.jpg
  • 20180816224356335.jpg
  • 20180816224400476.jpg
posted by 山道 at 22:43| Comment(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

西穂~奥穂縦走

今回のお客様も
この日のために沢山のトレーニングを積んできました!

「西穂~奥穂」は言わずと知れた穂高の
稜線の中でも一級の難度を持つ縦走路です。
このルートを目標に、日々近くの山を一日に四往復登られたり、長い登山道を練習に歩かれたりと、練習をされて来たメンバー。

ガイドとしても皆さんには絶対に歩き切って欲しいと思っています。

初日は夕方小雨がぱらつく天気、
明日は回復傾向だから西穂まで行って考えようと出発準備を進めます。

翌朝4:30に西穂高山荘を出発、
西穂高山頂もあっという間に登頂。
ここまではガスの中、ただ今日なら天気は持つはず?!
今日の天気に掛けてこの先を行く事にします。

赤岩岳、間ノ岳、間天のコル~逆層スラブ、天狗の頭、、次々と現れる大きなピークやギャップ。
少しづつ天気も回復し、時々覗かせる景色には上高地や岳沢小屋、飛騨川側は笠が岳も見え隠れします。

天狗のコルから先はもうエスケープの無い緊張感。

畳岩尾根ノ頭~コブ尾根ノ頭、
ようやくジャンダルムが目の前に現れました。
無事登頂後、ロバの耳~馬の背を通過し無事奥穂高岳登頂。
皆さんの緊張もようやくほぐれました。
休憩後、穂高岳山荘へ。
皆さんで乾杯~!

翌朝はゆっくりとスタート、白出沢を下山、昼には新穂高ロープウェイへ。
温泉とお蕎麦を堪能し帰路に付きました。

ご参加の皆様、お疲れ様でした!
  • 20180809013146169.jpg
  • 20180809013152719.jpg
  • 20180809013158468.jpg
  • 20180809013205225.jpg
  • 20180809013213904.jpg
  • 20180809013220150.jpg
  • 20180809013226879.jpg
  • 20180809013232893.jpg
  • 20180809013237194.jpg
  • 20180809013241110.jpg
posted by 山道 at 03:26| Comment(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣岳

今回のお客様は、
先月の穂高三山(前穂~奥穂~北穂)に続き、いよいよ夏山の総決算、
剣岳にやって来ました!

初日は剣沢小屋まで入山。

翌日は剣沢小屋の朝食を頂き、
ゆっくりと6時前にスタート。

かにのタテバイの渋滞も無く
山頂へ!
下りもヨコバイの渋滞も無く順調に下山しました。

ご参加頂きましたお客様、
お疲れ様でした!

  • 20180809012251289.jpg
  • 20180809012309516.jpg
  • 20180809012315801.jpg
  • 20180809012322539.jpg
  • 20180809012330143.jpg
posted by 山道 at 01:31| Comment(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする