2016年04月10日

3/30 四国・石鎚山

少し前の記事になりますが、四国は愛媛・石鎚山へ。

言わずと知れた西日本最高峰・1982M、山頂は天狗岳です。
朝一番のロープウェイで山頂成就社へ上がります。

Dsc_0415

たった7分30秒で1280Mまで楽々~。

Dsc_0436


通称「試し鎖」。
試しときました。

Dsc_0440


試し鎖の上部から一気に雪が現れました。

Dsc_0441


1650M付近、夜明峠にて。
稜線が一気に見える良い休憩ポイント!

Dsc_0446


1800M付近、二の鎖小屋より上部を見上げると、
雪がびっしり!右手の巻き道もトラバースには要注意です。

Dsc_0448


山頂到着。
ここからさらに天狗岳~南尖峰へと進みますよ。

Dsc_0454


天狗岳にて。
更に、

Dsc_0456


「裏天狗」?!
南尖峰から見た天狗岳。


**********************
この時期でも
アイゼンが必要です。
通常、4月下旬からは雪も無くなり歩きやすくなります。
山頂から天狗岳方面は危険なので十分注意して下さい。


*********************
ホームページ 山道 MOUNTAIN GUIDE OFFICE
*********************

posted by 山道 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

4/8 山本山~賤ヶ岳縦走 余呉湖畔の桜トレッキング!

雨上がりのこの日、滋賀県は琵琶湖の東にある
歴史あるコースを縦走して来ました。

Dscf8598


上から読んでも山本山、下から読んでも山本山。。

ここ山本山には、平安時代から戦国時代、山城が築かれていました。
それもこの景色を見れば納得ですね!

Dscf8597


琵琶湖にある竹生島も一望出来ます。

Dscf8611


縦走路の途中にある、桜の巨木。
これが街中にあったら絶対名所になってる事でしょうね。

Dscf8619


賤ヶ岳の山頂にて。
琵琶湖も余呉湖も一望、城主になった気分?
と言え、ここは城跡ではなく、
1583年、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と織田家最古参の重臣柴田勝家との戦いの跡。

Dscf8627


下山してくると、余呉湖が目の前に現れます。

Dscf8628


余呉湖1周6.8km、約1時間30分との事。散歩します~?
いや、今日は帰りましょう、電車の時間が無いですよ!
レンタルサイクル¥500の方も結構いらっしゃいました。

Dscf8629


キレイな黄色で埋め尽くされていました。
この後、余呉駅までゆっくりと歩きました、お疲れ様でした。
posted by 山道 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

4/5~6 八ヶ岳・大同心稜~横岳&赤岳・主稜~文三郎道

晴天に恵まれシーズン最終の八ヶ岳に行って来ました。
前夜発にて美濃戸へ入山します。
途中の林道でスタックした二駆の軽自動車を助け出し どろどろになった足元と手にパートナーと茫然としつつ、ぼちぼち準備に取り掛かります。
初日は赤岳鉱泉に上がり、テントを張って大同心稜~横岳~大同心稜下降。


Dscf8551


どんどん高度を上げます。


Dscf8553


目の前に大同心が立ちはだかります!


Dscf8554


Dscf8562


Dscf8568


横岳の山頂も踏んどきましょう! ご機嫌なパートナー


Dscf8571


同ルート下降にて赤岳鉱泉に下山。 翌日は赤岳主稜へ。 パートナーの希望で主稜へ向かいます。


Dscf8579


Dscf8581


雪も少なく堆積した岩屑がぼろぼろとロープが当たると落石になります。 この時期は落石に要注意です。


Dscf8583


Dscf8584



山頂にて。
他のパーティーが居たので撮っていただきました。


*********************
ホームページ 山道 MOUNTAIN GUIDE OFFICE
*********************

posted by 山道 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする