2017年08月17日

剣岳•北方稜線

 8/14に剣沢小屋まで入山。
 翌日は何とか天気が持ちそうなので、予定を変更して本峰~三の窓~小窓~池の平小屋にして、明日に備えゆっくりと過ごします。
 翌朝、まずまずの天気。
 本峰まで別山尾根で登り、人で賑わう山頂から誰も居ない北方稜線へと足を踏み入れる。
 長次郎の頭付近はガスに巻かれ視界も悪い。
 池の谷ガリーは足元から動くようなガレ場の下り、小窓の王がガスの向こうにうっすらとシルエットを浮かべると何とも不気味な感じ。
 バンドを越えるとハイマツの中、小窓を目指して進む。急な雪渓が一カ所、アイゼンとピッケルを出す。
 小窓から雪渓を下る。
 視界は無く、滝の音を頼りに旧鉱山道の目印を見つけて渡る。
 今日の池の平小屋は私達だけの貸し切りでした。
 温かいお風呂にドボンと入り、食事を頂く。
 ご主人の佐方さんも関西の方と言うことも有り、消灯まで楽しくお話しをさせて頂く。
 翌日は剣沢小屋まで戻る。
 平蔵谷付近で雨に捕まり雨具を出す、もう少し天気が持ってくれたらなぁ、等都合の良い事を話しながら剣沢を詰め小屋へ。
 お帰りなさい!の温かい言葉が嬉しい剣沢小屋。
 シャワーを浴びビールで乾杯、
夕食まで昼寝したり、山の本を読んだり今回の山行の話しで盛り上がったり、とお客様との時間もまた楽しい一時。
 
 翌日は下山後富山の回転寿司、すし玉でお昼を食べて帰路につきました。
 お疲れ様でした!
 
  • 20170817112320075.jpg
  • 20170817112330836.jpg
  • 20170817112340212.jpg
  • 20170817112417651.jpg
  • 20170817214020298.jpg
  • 20170817214040613.jpg
posted by 山道 at 21:40| Comment(0) | 山行報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする